ホーム » 井戸端会議

井戸端会議」カテゴリーアーカイブ

第5回野々市ライオンズクラブ旗争奪学童軟式野球大会兼第49回石川県学童軟式野球選手権大会兼第6回トパテック杯野々市支部予選が開幕!

 野々市ライオンズクラブ様の多大なるご支援の下、令和6年7月7日(日)午前10時00分から野々市中央公園運動広場において、第5回野々市ライオンズクラブ旗争奪学童軟式野球大会兼第49回石川県学童軟式野球選手権大会兼第6回トパテック杯野々市支部予選の開会式が行われました。

 開会式では、まず野々市ライオンズクラブ優勝旗が前年度優勝の館野学童野球クラブから、同じく準優勝トロフィーが富陽学童野球クラブから、それぞれ野々市ライオンズクラブの北村大助副会長に返還されました。次に、和田忠明野々市市学童野球連盟会長のあいさつ、北村大助野々市ライオンズクラブ副会長からのご祝辞を頂戴いたしました。続いて、ご来賓の北本正野々市市野球協会会長、野々市ライオンズクラブ役員・会員の皆様のご紹介をさせていただきました。最後に、御園学童野球クラブの平野志穏主将が気持ちのこもった素晴らしい選手宣誓を行いました。

 引き続き、菅原学童野球クラブОBで、2012年甲子園春夏連覇を成し遂げた当時の大阪桐蔭高校野球部主将の、㈱RingMatch代表取締役 水本 弦 様から、「たくさんの子どもたちに野球を楽しんでもらいたい」と市内児童の野球の普及及び振興にと粟貴章野々市市長に寄贈された、グローブ25個、バット10本が、市学童野球連盟参与の大久保邦彦教育長から、市学童野球連盟加盟5クラブの監督、主将にそれぞれ(1クラブ グローブ5、バット2)手渡されました。改めまして、水本弦様に深く感謝を申し上げます。

 上記終了後、1回戦1試合が行われ、試合に先立ち、野々市ライオンズクラブの北村大助副会長がピッチャー、市連盟の和田忠明会長がキャッチャーとして始球式が行われ、熱戦の幕が開きました。試合結果は次のとおりです。

以上です。

館野が優勝~さわやかスポーツフェスティバル2024~「第32回野々市市学童野球連盟ジュニア大会」第3日目(3位決定戦、決勝戦)結果

 令和6年7月7日(日)、野々市中央公園運動広場において、雨天順延となっていた、さわやかスポーツフェスティバル2024~「第32回野々市市学童野球連盟ジュニア大会」(5年生以下、5イニング制)の3位決定戦並びに決勝戦が行われ、館野学童野球クラブが菅原学童野球クラブを下し、2年ぶり7回目の優勝を果たしました。また、御園学童野球クラブが野々市学童野球クラブを下し第3位となりました。

 試合終了後表彰式が行われ、優勝した館野学童野球クラブには、さわやかスポーツフェスティバル大会本部から表彰状が、市学童野球連盟から、表彰状、優勝旗及び優勝トロフィーが、北國新聞社から表彰状及び優勝楯が、また、準優勝となりました菅原学童野球クラブへは、さわやかスポーツフェスティバル大会本部から表彰状が、市学童野球連盟から表彰状及び準優勝トロフィーが、北國新聞社から表彰状が、それぞれ和田忠明野々市市学童野球連盟会長から送られました。

 秋の新人戦は、野々市大会に引き続き石川県大会が開催されます。市連盟5クラブのこれからの更なるご健闘をお祈りいたします。試合結果は次のとおりです。

以上です。

第33回いしかわスポーツレクリエーション交流大会 バウンドテニス大会

令和6年7月7日、スポレク交流大会バウンドテニス大会が白山郷公園体育館で開催されました。
野々市クラブからは3チームが出場しました。

午前は1分間✕3回で何回ラリーが続いたかを競うBTラリー戦が行われ、野々市カメリアが2位、野々市カレードが3位入賞を果たしました。
その後、4つの予選リーグに分かれ、女子ダブルス・男子ダブルス・混合ダブルスを行いました。

午後は順位別の決勝リーグ戦が行われ、野々市カレードが1位リーグの2位。野々市つばきが2位リーグの4位。野々市カメリアが3位リーグの2位という結果でした。

また初出場の木村裕貴がふれあい賞を受賞しました。

さわやかスポーツフェスティバル2024学童野球ジュニア戦 最終日開催日時の変更について

 雨天により順延となりました上記大会は、下記のとおり変更となりました。

以上です。

第5回野々市ライオンズクラブ旗争奪学童軟式野球大会~組合せ抽選結果

 令和6年7月7日(日)から開催の、第5回野々市ライオンズクラブ旗争奪学童軟式野球大会の組合せ抽選会が、6月27日(木)午後7時からにぎわいに里ののいちカミーノで行われました。抽選結果は次のとおりです。第5回大会の覇者を目指して、そして石川県選手権大会の出場権を目指して頑張りましょう!! 各クラブのご健闘をお祈りします。

以上です。

野々市市のスポーツ団体